OAフロアに関する豆知識をご紹介します

OAフロアの施工前に準備しておくこと

OAフロアの施工前に準備しておくこと ビジネスにおいて、パソコンはなくてはならない存在となっているので、オフィスビルの室内の床は基本的にはOAフロア仕様となっているものが多くなっています。 OAフロアの施工前には、しっかりと想定されるレイアウトを考えて配線取り出し口などを配置することがとても重要となります。
自社ビルの場合や、入る会社がきまっているような場合には、OAフロアの施工前に、机や椅子等の事務所のレイアウトを準備しておくと、使い勝手が良い配置とすることができるでしょう。
貸し事務所の場合には、いろいろなレイアウトが想定されることになるので、なるべく汎用性がある配置とすることが重要です。
一般的な事務所であれば、問題がありませんが、かなり重たいものをOAフロアの上に載せることを想定している場合には、耐荷重性能が高い製品を設置することが必要になります。
サーバールームなどは、重量がかなり重いものであり、随時増設していくことにもなるので、将来の設置を見込んだ計画とすると良いでしょう。

事務所の一部分だけをOAフロア化することは可能?

事務所の一部分だけをOAフロア化することは可能? 現代のオフィスでは、OA機器を使うのは当たり前過ぎるほどの前提となっています。ですから、パソコンはじめ各種のOA機器をケーブルでつなぐために、配線類が床の上を張り巡らしているところも少なくありません。
見た目の乱雑さもさることながら、人が歩いていてケーブルにつまずく危険性も十分にあります。そんな事態を起こさせないために、昨今のオフィスではOAフロアを採用している事例が目立ってきました。床の下でケーブル配線を行い、人間の目には見えず、床の上での歩行を妨げることもありません。
フリーアクセスフロアという言い方もされています。もちろん、床のすべてのスペースをOAフロア化するとなると、コスト上昇といった問題も生じてきます。
そこで、必要とされる一部分だけをOAフロアにするという手法を選択する会社もあります。
必ずしも、全フロアをOAフロア化しなければならないという必然性はありません。自社の事情に合ったやり方をするのが賢明です。